【インタビュー・後編】1にも2にも、英語を学びなさい。

Posted by

今回は、元Google米国本社副社長兼Google日本法人社長を務められた経歴を持つ、村上様にお話を伺いました!!(こちらは第2部になります。)

 

 

今月で70歳になられるという村上様ですが、その若々しさとユーモアたっぷりなお人柄は、吸い込まれそうなほど魅力的でした。

19歳の頃に学生運動がきっかけで逮捕されるなど、かなり異質なご経歴もお持ちですが、それも愛嬌というものです。

ご自身のことを「ツキの村上」で呼んでおられるそうですが、やはりツキを呼ぶためにも周到に準備し、また1つ1つの物事に全力で取り組まれてきたのだということをひしひしと感じました。

たくさんの方に、村上様のお話が届くことを、心から願っております。

(村:村上様、筆:筆者)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*村上様のご経歴

 

1947年、大分県佐伯市に生まれる。

京都大学在学中、学生運動が火を噴き、警察に逮捕される。

1970年、京都大学工学部卒業。

新卒で日立電子に入社。

1978年、日本DECに転職。

1986年から5年間、DECの米国本社人工知能技術センターに勤務。

日本に帰国後1992年、日本DEC取締役に就任。

1994年、米インフォミックス副社長兼日本法人社長に就任。

1998年、ノーザンテレコム(ノーテルネットワーク)ジャパン社長に就任。

2001年、ドーセントジャパンを設立し、社長に就任。

2003年、米Google副社長兼Google日本法人社長に就任。

2009年から2011年まで、Google名誉会長。

2011年、株式会社村上憲郎(むらかみ のりお)事務所を設立。

現在、株式会社エナリス代表取締役、その他複数の大学で教鞭もとる。

*なお、村上様の記事は二部構成でお送りいたしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「では、次の質問です。

先ほどのお答えも含め、今後日本はどのようになっていくのが望ましいと思いますか?」

 

「やっぱり今までのような偏差値教育を脱して、子供達が自ら問題を発見して、その問題に対して最善の答えを見つけていくという形の教育を創り上げていく必要があると思います。

そして、日本に閉じこもるのではなく、世界に飛び出していくという流れを一般化していくのが望ましいですね。

 

日本は素晴らしい国なんだけど、だた『日本は素晴らしい』というだけではなく、『グローバリゼーション』という観点をしっかりと持って、日本人というよりは『地球人』という意識を持つと良いと思います。

『日系地球人』であれということですね。日本に誇りを持ちつつ、地球人として生きているという意識を持つ。『韓国系地球人』『中国系地球人』というのも良いと思います。

これが『日本人!』『中国人!』『韓国人!』と主張しすぎてしまうと、これからの世界ではうまく回っていかなくなるのではないかと思いますね。

 

だから、さっき言ったように『地球人』として多くの子供が育っていってくれれば嬉しいですね。」

 

「なるほどなあ。」

 

「その流れは、いい意味で『国民国家を解体していく』というプロセスになり得るわけです。

今はどちらかというと、それぞれが孤立して、『我々の行動は我々が決める』みたいになってきていますが、そうじゃなくて、国境などを意識せずに全員が『地球人』としてまとまっていくということです。」

 

「では、もう少し対象の幅を狭めて、今の日本の若者、特に学生の問題点はなんだと思いますか?」

 

「英語です!!!」

 

「即答ですね(笑)村上さんの著書でも散々述べられてましたもんね。」

 

「これはもう残念ながらだけど、地球人の標準語は英語になってしまったわけです。(笑)もうここは、良い悪いの話をしても仕方がないんです。そうなってしまったんだから。

だったら、その標準語を話せるようになるということは、最低限やっておかないと、あと10年したら本当に困ると思います。

『今何やったらいいかわかない』と言ってる人間は、もう英語だけやりなさい。(笑)

 

でもね、それは何も難しいことをやれってわけじゃないの。

中学校の英語の教科書3冊を、毎日1時間CDを聴きながら音読しなさい。それを1年継続すれば、誰でもその中学校の教科書の内容が頭の中で鳴るようになります。その状態になれば、そのあとは自ずと道が拓けていきます。

なので、ひたすら中学校の教科書の音読を毎日1時間おやりなさい。」

 

「その一方で、『グーグル翻訳がもっと発達するはずだから、勉強する必要はない』なんて言う方もいますよね?僕はこの意見大っ嫌いなんですけど。(笑)」

 

「それはね、確かに翻訳の性能は上がってきてます。

でもね、翻訳のもっと上の段階として想定できる『Google耳』『Google口』なんていうものが出てきそうかというと、なかなか出てこないんです。まずもって、その問題があります。

書いてあるものの翻訳とかはうまくできると思いますが、そもそも英語は地球人の標準語なわけです。

 

そして、英語にはロジックが存在するんです。そこが身についていないと、そもそも日本の外の国では会話できないと思います。

それに、英語は言葉としては簡単な部類なわけですから。だから標準語として普及したわけですから。

そして、将来エイリアンたちに『こいつは標準語も話せないような、猿の中でも下等の猿だ』と思われないようにもしないとだめだからね。(笑)」

 

「なるほど。ありがとうございます。

では、日本のビジネスパーソンの問題点はなんでしょうか?」

 

「そうですね、まず日本のビジネスパーソンが基礎的な能力が劣るということは無いと思っています。

だけども、リスクを取らないとか、前例のあることしかやれないというのは大きな弱点だと思います。

 

先に『正解はどこにあるんだ』と探してしまう。そうじゃないんです。

正解があるかどうかもわからない問題を見つけにいかないといけない。

これはハイリスクですよ。でもその一方でハイリターンでもあるわけ。

 

ビジネスパーソンの問題点として感じるところは、そこらへんですかね。まあそれも、これまでの教育の結果なんですけどね。」

 

「たしかに。『起業』『ベンチャー』という言葉も盛り上がりを見せていますが、それでもやはり静的安定を求める方が大多数ですもんね。

では別の質問で、今現在僕がこのメディアを作ったり、webサービスを開発しているというのは、日本そして世界での『教育格差』『機会格差』を痛感したからなんですね。」

 

「あー、なるほど。」

 

「例えば、優良セミナーやイベントは東京でばかり行われていて、テクノロジーが発展してもなおライブストリーミングが行われていないだとか。。。」

 

「私はね、そこらへんの格差はあまり問題じゃないと思ってるね。そういったところはインターネットが解決してくれるから。

 

このインターネットの時代では、距離は意味を成さないわけ。僕らはグローバル時代、つまり球面の上で生きているわけです。

じゃあどこが中心になるかというと、今あなたがいる場所です。そこが中心なんです。その在り方をインターネットが支えてくれているんです。

だから、東京とその他地方のイベントとかの違いは別に大して問題じゃないんです。」村「じゃあどんな格差が問題かというと、これから起こるのは、『英語で学べる環境に身を置ける子供は、親の経済力に左右される』というものです。

 

「なるほど。」

 

「じゃあどんな格差が問題かというと、これから起こるのは、『英語で学べる環境に身を置ける子供は、親の経済力に左右される』というものです。

もう今の時代、東大なんて行ってもしょうがないんだから。そこで、ハーバードやスタンフォードとかに行こうとすると、ああいうところってほとんど私立なので、1年間で600万円くらいかかるわけ。

それで大学院にも行こうとすると、普通の家庭の子はすごい金額の借金をしないといけなくなるわけ。学部4年と大学院2年で、修士号取る頃までにざっと3000万円くらい。

大学を卒業して『よし、働くぞ!』と思って振り返ると、3000万円の借金。恐ろしいでしょ。

 

これまでの日本の教育のどこが素晴らしかったかというと、たとえ貧しい家庭に生まれた子供であっても、受験期間だけがんばればみんなと同じ教育が受けられたという点。つまり教育機会が均等だったんです。

それが、これからの時代では難しくなってくるはずです。」

 

「そこはe-learningなどで解決できないんでしょうか?」

 

「インターネット上で単位をもらえたりするMOOCSといったシステムは既に存在しているけど、卒業資格まで取れるかというとまだまだ難しいわけ。

海外の大学・大学院に進むということになると、ものすごい格差がこれから生まれてくると思います。

これをどう解決していくかという問題は、日本のみならず世界的に対処していかなければならない問題であると思いますね。」

 

「ありがとうございます。

今のテーマは『格差をどうするか』というものだったのですが、その格差を是正するための方策を講じても、マインドが変化する人間と、変化しない人間がいると思います。

それについてはどう対処していくのが良いとお考えですか?

 

僕は機会を与えられた人間は、全員がマインドを変える、志を高めていく必要があると思っています。そのうえで『でも私はそういう道はいかない』と判断するのであれば、それはそれで良いと思うのですが。。。」

 

「んー、難しい問題だね。それに対しては僕は答えを持ち合わせてないかな。

ただ、1つ言えるとしたら、『全員は救えない』ということ。機会を与えたのであれば、あとはその人次第です。

手前味噌で言えば、僕の著書『村上式シンプル仕事術』や最近、日経電子版に連載している『羅針盤NEO』を読んでいただいて、何かを感じ取っていただければ嬉しいですね。

 

もし感じ取れないという方がいれば、『大変な人生が待っていますよ』ということしか言えないですね。」

 

「そこもまさに、これから生まれるであろう格差の1つということですね。

それでは最後に、読者に向けて何かメッセージをお願いします!」

 

「それはさっき申し上げた『我等いつも新鮮な旅人 遠くまで行くんだ!』という言葉につきますね。

いつまでも若々しい心を持って、突き進んでいってほしいと思います!!」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

*村上憲郎 様:オススメ書籍

村上様いわく、哲学や歴史、宗教についての知見を広げることもこれからの世の中を生きていく上で重要なのだそうです。

その入門として、「哲学とはなんぞや」をわかりやすく説明してくれる1冊がこちらなのだそうです。

 

*村上憲郎 様:著書

上記2冊が、村上様が「読みなさい」とおっしゃっていたものです。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です